キャッシングで支払い方法を選択する長所と短所

キャッシングで支払い方法を選択すると、一回払いなら金利負担がない、リボ払いは口座にお金が少ない時に有利などが長所です。例えばキャッシングで借りた額が少ない際は、月末に一気に支払うことになります。その時は一回払いになることから、金利負担は発生しないため、借りた額をそのまま返済できます。家族にそのことを伝えると、安堵してくれる結果に結びつきます。また、リボ払いの時は銀行口座のお金が残り少ない時に有利です。例えば数十万円を借りた時は、一回払いは難しいですが、リボ払いで毎月3万円ずつなら楽に支払えます。金利負担は生じますが、3万3千円を10回支払えば返済できるので、それほど気にしないと想定されます。
短所はお金を借りていることを誰にも話せないことです。個人的な物欲を満たすためだった際は、話せない場合がほとんどです。ですが、家や自動車のローンの支払いに使った時は、一般的なことなので他の人に話しても問題ありません。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です