コンビニ決済と口座振替どちらが便利?

公共料金の支払い・・・毎月郵送される振込用紙を持ってコンビニ支払いをするのも手軽な方法です。一方、コンビニにあまり行かない人にとってはひと手間となってしまいます。
そんな時に便利なのが口座振替です。口座振替への手続きなど、どのような仕組みでされているのでしょうか。申込方法など調べてみました。

コンビニ支払い方法

コンビニからの支払いは、収納代行サービスにより決済されるシステムです。通信販売の支払いにもよく利用されているのでご存知かと思います。
水道光熱費などの利用料金の請求が振込用紙で郵送されてきます。主にコンビニで(郵便局と併用、もしくは郵便局のみもあり)支払います。
現在、収納機関によるPay-easy(ペイジー)により、インターネットやATM、コンビニに設置されている機械に収納機関番号などを打ち込み支払いをするという方法も多くなりました。
好きな時に支払いができるという利便性の高さで、こちらを利用している人も多く見られます。

口座振替は手続きさえ済めば楽に!

口座振替とは、預金口座から電気料金、水道料金、ガス料金などの支払いを毎月の指定日に自動引き落としされる決済サービスです。
口座振替は指定された金融機関(同じ銀行間)から振替が行われるので、口座を持っていない場合、新規で申し込みをしなければいけません。
申し込み手続きは銀行窓口、電話で口座振替依頼書(申込書)を送付してもらい、記載して郵送、ホームページからインターネット申し込みなどさまざまです。
申し込み後、口座振替が開始されるまで1ヶ月~2ヶ月程度かかります。
振替日は土日祝が重なる場合は前倒しになるか、もしくは翌営業日となるので、利用している所により異なります。

気軽さで言えばコンビニ支払い、手間がかからない支払いは口座振替と、ニーズに合った支払い方法が選べます。
手数料を考えると口座振替のほうはかからないので、口座振替を検討してみることをおすすめします。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です